リースと購入、どっちがお得?

スケジュール最後にリースと購入の違いについてです。リースやレンタルは、契約を結んで月々の利用料を支払うことで、コピー機を事務所などに置かせてもらうというサービスです。一方で購入は文字通り、代金を支払ってコピー機そのものを手に入れることを指します。両者の大きな違いは、コピー機が自分のものになるかどうか、所有権が有るかどうかという点になります。リースやレンタルの場合には所有権が無いため、契約に従ってどう扱うかが制限されることになります。これに対して購入の場合には、購入したコピー機をどのように扱うかは個人の自由となります。

リース契約では、契約期間が設定されることになります。期限前に契約を解消しようとすると、違約金が発生してしまうので、指定された一定期間はコピー機を使い続けることが前提となります。契約した期限が近付くと再契約するかどうかという相談が持ちかけられ、再契約を交わすと期間が延長されることになります。これに対して購入の場合は、購入後、いつまでも使用し続けることができますので、期限を気にする必要はありません。リース契約と購入についても、共にメリットとデメリットがあるため、一概にどちらの方がお得かという問いに答えることはできません。それぞれの長所と短所を考慮した上で導入を検討してください。

≪参照サイト≫OAランド

新品コピー機は高いけど性能は良い

コピー機新品のコピー機を購入するメリットは、性能が良く、メーカーの修理や保証といったアフターケアが充実しているという点にあります。最新モデルの性能は型落ちの物と比較すると大きな差があります。一度に大量のコピーや印刷をすることもできる他、印刷物にもムラなどは発生しないので、ストレス無く使用し続けることが可能です。

一方でデメリットが大きいのも新品コピー機の特徴です。新品コピー機はまず価格が非常に高く、購入するとなると100万円単位のお金が必要になります。またリースやレンタルの場合でも月々に1万円以上の利用料金が発生しますので、コピー機にあまりお金をかけたくないという場合にはあまりおすすめはできません。中古のコピー機のように保守費用はあまりかかりませんが、それ以上に導入時にかかる初期費用が高くついてしまうため、値段だけを考えて導入の可否を決める際には、新品のコピー機は適さないと言えるでしょう。新品は費用が高くつきやすい一方で、使用面にてストレスなく使用し続けられる、中古は費用が安くつきやすいものの、使用した際にストレスがかかる可能性が残る、という特徴があるのです。どちらも一長一短ですので、導入前にはどちらの方が良いか検討してみてください。

中古コピー機は安さが魅力

お金中古コピー機を事務所に導入することのメリットは、何と言ってもコストパフォーマンスに優れているという点です。コピー機の価格は性能によってピンからキリまでありますが、中古ならば新品価格から考えて格安で購入することが可能となります。安い中古コピー機だと5万円程度から購入できますし、大型の複合機の場合でも50万円前後にまで抑えられます。更に、リースやレンタルの場合には月々の料金によって貸し出してもらうことになりますが、こちらの価格は月額で5000円以内に抑えることも可能で、このことからもコストパフォーマンスにすぐ売れていることが分かります。中古ならばとにかく安く導入できる、初期費用がかからないと覚えておくと良いかもしれません。

一方で中古のコピー機を使用することにもデメリットはあります。それは新品と比較して印刷上でのトラブルが発生しやすいということです。中古品は修理した上で販売されていることが多いため、トラブルが再発してしまうこともあります。ただし、このデメリットは購入先のお店の保証内容によってカバーすることもできますのでご安心ください。アフターケアが充実したお店で中古のコピー機を購入すれば、リスクを回避できますので恐れるに足りません。

中古コピー機と新品コピー機、リースか購入か

サラリーマン複合機やコピー機を事務所に置きたい時には、まずは物を購入することを考えるものです。しかし、複合機やコピー機はそこまで安い物ではなく、簡単に手を出せる代物ではありません。事務所を開設するタイミングや起業するタイミングなどに複合機の導入を考えると推察できますが、資金力の乏しいこの時期は、いくら必要であったとしても購入するか否かは考えてしまうものです。それでは、より安く複合機やコピー機を導入するには、どのような方法があるのか、見ていきましょう。

コピー機を導入する方法には、リースするか購入するかという2種類の方法があります。簡単に言うとリースはリース会社と契約を結んで、使用料を月々に支払っていくという流れになります。これに対して購入の場合は、販売されているコピー機を購入するわけですから、導入時に代金を支払い、その後の使い方については制約がありません。まずはこれら2つの導入方法が考えられるということを覚えておきましょう。

次に、中古コピー機を導入するか、それとも新品のコピー機を導入するかという分岐があります。中古と新品の違いは、やはり性能や価格といった面が目立ち、中古の方が安く性能が若干落ちるのに対し、新品は値段が高く性能は良いという特徴があります。どの程度の量を印刷するのか、またどのような物を印刷したいのか、そしてどの程度の予算があるのかといった点を考慮した上で、中古か新品か決めていくようにしましょう。